月別アーカイブ: 2022年1月

雪下ろし~その後

1月26日の山形県東根市。
日曜日から雪がほとんど降らないので
屋根の雪もかなり少なくなりました。

屋根のトタンの部分が少し見えるようになりました。
でも今日の夜からの予報は雪です。
20時半の現在も少しチラチラと降ってきています。
でも気温がマイナスでないので、凍っていません。
雪はかき氷みたいな感じです。
26日0時   -3.9℃
26日昼12時 +3.7℃
26日20時  +0.3℃

主要な道路はアスファルトが出ていますが
1本横道に入ると雪道凸凹です。
四駆にしないとわだちに入って軽トラックが振られます。

雪下ろし~2

この所の雪で裏庭はこんな状況になっています。


小屋の屋根から落ちてきた雪で
屋根と落ちてきた雪がつながりそうになります。
右側が農機具などの入っている小屋です。
つながってしまうと屋根が引きずられて倒壊することがあります。
そこで・・・



2月11日でめでたく88歳になるはじめちゃんが
雪の上に乗って、雪を落としています。
この所あまり調子が良くないのにがんばっています。
頭が下がります。

今年は例年の1.8倍の雪が積もっています。
雪国のお年寄りたちはとくに男性は年齢に関係なく
雪が降ると必ず雪かきをします。義務感なんでしょうね。
「ゆきちょし」=雪を触る=雪を片付ける
雪国で育った男性は本当に偉いです。
子供のころからしみついているものなのでしょう。

サクランボ畑の状況

サクランボ畑の雪かきに行くにも
農道の雪かきをしていないと
軽トラックがそこまでしか行けません。
ここで行き止まり

ちょうど左側のところにうちのサクランボハウスがあります。


ここの畑はとってもラッキーです。
といっても雪の壁を越えていかなくては行けませんが・・・

他の畑はこんな感じです。

aまるで雪山に行くような感じです。
スコップと雪のこ(雪を切る道具)リックサックには飲物
携帯、などなど
私は軽トラックを使いたいので畑まで送迎です。
本当は畑を見に来たかったのですが・・・
腰まである雪の上を歩ける時はいいのですが
ズボッと足が雪の中に入っていきます。
歩くのだけでも大変、かんじきが必要です。

現在の果樹園の姿

1月15日のサクランボ畑の写真です。
雪かきに行った清さんがようやく写真を撮ってきてくれました。
半月かかってようやく写真を載せることができました。
なんぜ清さんまかせですので・・・へへへ

腰まで雪があるそうです。
雪が固まっていないので、
雪の中を歩くのは泳いでいるみたいだと

気温低いと雪が固くて雪の上を歩くことができるのですが
スノーモービル欲しいな~(とんでもない)
歩くスキーにしようかな~
昔のかんじきあるよ!(すみません)

私はなぜ行かないのかというと
足手まといになるからです。
農道の除雪はある程度しかやっていないので
除雪の行止りの最後のところの車を置いて
畑まで歩いていかなくてはならないからです。

リュックサックを背負って
スコップと雪下ろしの道具を持って歩くのです。
だから私は行けないのです。
木の上の雪
ハウスの上の雪を降ろして
果樹園を守っています。

1月の半分過ぎた・・・

1月15日、1月も半分過ぎてしまいました。
ブログも更新せずに申し訳ございません。

山形県東根市は昨年末から毎日とはいえませんが
雪が降っています。降っては積もり、少し解けてはまた積もり
もう1メートルは積もっています。

15日は朝からいいお天気で気温も久しぶりにプラスになりました。
雪片付け日和です。


写真は農機具小屋です。
屋根から落ちてきた雪が屋根に続きそうになるので
これはいけません!この雪を他に移さなくてはなりません。
ここは機械を使わなくてはなりません。
はじめちゃんががんばって少しずつ作業をして
ここ1週間で半分になりました。
お見事!

サクランボ畑やラフランス畑の見回りは
選手交代で清さんが行っています。

1月2日晴れ

1月2日は雪のあいまの晴れの日でした。
雪片付けには最高です。


今年もはじめちゃんは元気そうにに雪片付けをしていますが
この頃はめっきり食欲がなく、心配です。
歳には勝てないということでしょうか。

降ったりやんだり、ゆっくりと雪が降るといいのですが
どか~~~~んと毎日毎日降り続くと大変なことになります。
昨年の今頃はサクランボハウスが雪でつぶれてしまい
とても落ち込んでいたことを思い出します。
今年はそのようなことのないように
雪が降ると畑の見回りをしていますが・・・
これ以上雪降りが続きませんように・・・

2022年!新年!

2022年
あけましておめでとうございます。

山形県東根市の元旦は雪にすっぱり覆われています。
仙台市泉区の元旦は雪が5㎝ほど積もっています。

今年も元旦から雪雪雪の東北地方ですが
災害の無い、安全で農作な年になってほしいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。