月別アーカイブ: 2024年7月

またまたラフランスが・・・

6月19日もカラス対策のために昨日に引き続き
キラキラ糸をラフランスの木にまく作業をしました。
何か所も鳥にやられてしまったラフランスを発見
幼木の畑に12本のラフランスがあります。
鳥にやられたラフランスは20数個ありました。

もっと遅ければ被害が拡大していたと思います。
19日で幼木の畑のラフランスの作業は終了しました。
鳥に狙われないといいのですが
このところ、カラスの数が増えています。
ラフランスは小さくても渋くないので鳥が狙うのかもしれません。

キラキラ糸を張る作業は大きな畑が2か所残っています。
がんばって鳥たちと戦わなくてはなりません。

ラフランスが・・・

7月18日本日もラフランスの摘果の仕上げをしています。
雨でなかなか作業が進まずようやく18日に最後の畑にたどり着きました。
そうしたらカラスと思われる食害を発見

例年だと8月の末あたりからキラキラ糸をはって
鳥たちからラフランスやリンゴを守るのですが
今年は早い
何でも早い
追いかけられるように早いです。

本日19日からキラキラ糸を張る作業をします。
ラフランス摘果の仕上げと並行してやっていきます。

久しぶりの手消毒

果樹の消毒はスピードスプレヤーでやります。

相棒のスピードスプレヤーの調子が悪く
農機具屋さんに修理に出しています。
しかし今の時期はラフランス、リンゴの消毒をしないと
病気が発病することが多いのです。
動噴という発電機のような機械でタンクに水を汲んだり
ノズルの先から諸毒液を出します。
暑い中、マスクと作業用のカッパは欠かせません。

長いホースを引きながら
園地の1本1本に諸毒液をかけていきます。
写真はりんご畑です。
午前中いっぱいかかりました。
私はホーズの介助役です!

ラフランスの仕上げの続き

7月13日土曜日もラフランスの仕上げの続きをしています。
朝から曇り空ですが、14時ころからは気温が29℃まで上がりました。
こんなラフランスのちっちゃい子たちを多数発見

これは5月の摘果の後に枝先に花が咲いたものです。
特に枝先の実は落とさなくてはなりません。
まだまだ明日も続きます。

ラフランスの摘果の仕上げ

6月12日からラフランスの摘果の仕上げをしています。
サクランボの時期にほとんど見に来られなかったラフランス畑
枝さきに咲いた花が実になっていて5~7個くらい実が付いていたり
徒長枝が伸びていたり
手入れをしなければなりません。
12日は朝から曇りでそれほど暑くありませんでしたが
14時過ぎからは太陽が出て30℃近くまで気温があがりました。

奥の方にたくさん実がついています。
8段の脚立に乗っても届かないくらい枝が伸びています。

2024年サクランボを振り返って~①

ドライサクランボになっちゃった~

サクランボハウスのてっぺんは気温が下よりもグンと高い、暑い
今年は雨も降らず。サクランボの実は小さめ
ますますドライチェリー化が早まる環境です。


この写真は6月25日のものです。
サクランボの終了間近の写真です。
それなのに上の方のサクランボはほぼドライ化しています。
このような実は捨てるしかありません。
この現象により果樹園うめつでは収穫量は2割ほど減少しました。

今日から7月

6月27日で終了してしまった今年もサクランボ。
6月28日、29日、30日でサクランボハウスのビニールを外し
網や道具の片付けをしました。

すべて片付けてガランとしたサクランボ畑


6月末なのに真夏のような空と暑さ・・・
これじゃサクランボたちもたまらない・・・

平行して、枝豆畑の除草、畑の草刈り、家の畑の除草
りんごの摘果の第2回目などなど、平行して行っています。
サクランボ作業で放置した畑の草のすごいこと
枝豆は草で覆われてしまい、気を付けてしゃがみながら除草しました。
30日までは雨がほとんど降らず、土は砂漠のようでした。
30日未明から雨が降り始め、果樹も喜んでいます。
今週は雨の多い週になりそうです。
またまた草との闘いが始まります。