アーカイブ

田んぼのあぜの除草

田んぼのあぜ道に除草剤をまいています。
私も一緒に作業しました。
背中に背負うタンクには20リットルの水を入れます。
かなり重いのであぜ道を歩くのはバランスが必要です。

雨が降ると草が伸びます。
あまり伸びると草が田んぼに入っていきます。
雑草にひそんでいる虫が稲に付きます。
あわやひえなどの雑穀が米に混ざってはいけません。
いろいろな意味で除草は大切なお仕事です、

後ろに見える山は宮城県境の山々です。
船形山(御所山)、黒森山などが主な山です。

りんごの摘果の仕上げ

7月18日も朝から太陽が照り付け
37℃まで気温が上がる予想なので
農作業は朝4時~8時までが限界です。

リンゴの摘果を5月末に行いましたが
間隔が狭い所や摘果後に花が咲いた実
双子の実などを取り除いていきます。

朝から元気なリンゴ畑です。

ラフランスは霜害でほとんど実を付けていませんので
この秋に収穫できるのはお米とりんごだけになりました。
台風の発生にドキドキですが・・・

作業後の写真
いい間隔にりんごの実がなっています。

20㎝~30㎝間隔に実がなっているか
枝が折れないかなどなど
大きくなったリンゴを想像しながら作業をしました。
収穫は
昴林(こうりん)10月初め
ふじは11月中旬です。

枝豆の畝作り

今日も暑い一日でした。最高気温は36℃。
朝早くと夕方遅くしか農作業はできません。

枝豆の除草に疲れ果て機械にお願いすることに・・・
耕運機の出番がやってきました。
はじめちゃんにお願いしました。

耕運機を使う前の枝雨畑です。

耕運機で畝をあげてもらいました。
最終的には人間の手=くわ=ほう で土を寄せました。


ようやくきれいになった枝豆畑です。

雪音(ゆきね)の収穫が9月初め
秘伝(ひでん)の収穫が9月下旬です。
皆さんにお分けできます。
ラフランスの収穫がほとんどないので
できればお米も枝豆も買っていただきたくて
枝豆ご支援プロジェクトを考えています。
どうぞよろしくお願い致します。

枝豆の除草

7月11日は朝から雨が降ったり、やんだり、晴れたり
朝から落ち着かない天気でした。
雨が激しく降って大雨注意報がでたり、
その合間の晴れ間に枝豆の草取りをしました。

1週間前にこんなにきれいに草を取ったのに

雨が続いたのですっかり草が復活してしまいました。


あああ~取っても取っても草が生えてくる

土に水分がたくさん含まれているので
根っこや草取りカマに土が団子のように付いてきます。


ようやく少しだけ草取りができましたが
また雨が降ってきて中止!
また来週に~
雨にはお手上げです。

ラフランス畑の夕暮れ

7月10日17時
草刈りが終わったラフランス畑です。
朝7時まで雨が降っていましたが
それから晴れて、14時半くらいからまた雨がポツポツ降ってきました。
それからは降ったりやんだり
16時からはすっかり晴れた山形県東根市です。


本日は草刈りまさお君登場ではなく
清さんみずから、草刈り機械で伸びたギシギシ退治です。
ギシギシという草は根が深く、
ここらあたりでは「べごくさ」と呼ばれています。
とにかく厄介な草です。
そこら中ギシギシだらけになってしまいますので
見つけたら取る。が鉄則。
私も見つけ次第はさみで切り取ります。

7月6日から雨マークが続いたので
すっかり草が伸び放題。
どこもかしこも草だらけになりました。

昨年の今頃は洪水の跡片付けで大変でした。
それを思うと草刈りも草取りができるのもありがたいです。
明日は曇り空
週末農作業がんばりましょう。

枝豆探し~終了

7月4日 日曜日の天気予報は午後から雨です。
午前中は枝豆畑の除草ができるはず、
月曜日からは雨の予報なので何とか今日で終わらせたいです。

私は朝5時から枝豆畑に出勤していたのですが
今日は強力な助っ人が6時半くらいにやってきました。
ラッキーです。有難いです。

この草の中から枝豆を探してください。

この赤い〇の中にあるのが枝豆です。
わかりにくいですよね
でもやっているとすぐにわかるのです。

はいこれが枝豆です。

10時半くらいにはあえがポツポツ落ちてきました。
ギリギリ間に合いました。
この雨で枝豆もすくすく育っていくことでしょう。

枝豆プロジェクトの始まり始まりです。
9月半ばには美味しい枝豆を収穫できることでしょう。
ぜひお買い上げよろしくお願い致します。

枝豆探し?

これは雑草園?
畑ではないですよね?
いいえいいえ、枝豆(秘伝豆)の種をまいた畑です。

耕す時が早すぎて
秘伝豆をまいた時と草が生える時期が一致してしまい
豆だか、雑草だか、まったくわからなくなりました。
サクランボが終わった時には秘伝豆の苗を探すのが大変!
わかりにくい文章でごめんなさい。
また明日詳しく書きます。


こちらは豆を探して、その周りの雑草を手でとって
畝の部分は耕運機で耕しました。
草がある部分はまだ豆の周りの草を取っていません。
明日から少しずつ草取りをします。

赤い丸を付けたところが豆の苗がある所です。

豆をあきらめられない私です。
まいた豆は秘伝豆、と 雪音(ゆきね)
いずれも9月になってからの収穫です。
ラフランスが全く実をつけないので
売ります、売ります。枝豆売ります。
どうぞよろしくお願い致します。

作業台車も仕事終わり

作業台車を軽トラックに積み込んでいます。

  

サクランボの収穫にはほとんど使いませんでしたが
今年はたわわに実がなっていないので
脚立の上り下りの方が効率的でした。

作業台車はビニールを張ったり、外したりする時に使います。
でも運転が案外難しいのです。
はじめちゃんは作業台車を手足のように使っています。
たいしたものです。
私は足元にもおよびません・・・

サクランボのハウス

大雪で倒れてしまったサクランボハウスを建て替えした
ピカピカの1年生のハウスです。
ビニールを外したら空が近く見えます。

サクランボの葉っぱもイキイキしているような気がします。

あと残るは
お支払いだけ・・・
農協からそろそろ来そうな感じです。
補助金はどうなっているのかさっぱりわかりません。
補助金が半分くらいでるといいのですが
やっぱり3割かな?
7月1日からお金の話はやめましょう。
なんとかなります!
今日は半夏生(はんげしょう)

半夏生とは?
半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、
半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。
一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という
草の葉が名前の通り半分白くなって
化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、
ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウなどと呼ばれる。

タコを食べる日とも言われています。
山形県東根市はさわやかな風が吹いています。
今日もサクランボハウスのビニール外しの日です。

サクランボハウスのビニールはずし

毎日書いていたブログもお休みしてしまい申し訳ございません。
一昨日からサクランボハウスのビニールを外す作業が始まり
1か月ぶりに、サクランボの木も自然な状態になります。
夜露も
朝露も
雨も
風も
サクランボの木たちにとっては必要だったのに
人間のエゴでビニールて覆ってしまいごめんなさい。
おかげ様でご注文の皆さんにサクランボをお送りすることができました。

すっかり疲れ果て、気が抜けて
片付けに追われています。
サクランボが終わると、リンゴの作業が待っています。
あともう少しがんばります。