投稿者「rumi」のアーカイブ

秋まき野菜の準備

秋まき野菜の種のベットを作っているはじめちゃんです。
白菜、ほうれん草、チンゲン菜、青菜、春菊、大根
所せましと種をまいていきます。
家の裏の畑なので、あまり広くありませんが手入れには便利です。
わざわざ車で畑に行くことは80歳をすぎると大変な仕事になります。
朝早く起きた時にもパジャマ姿で畑仕事なんてこともアリです。

はじめちゃんは秋野菜のために畑を耕してくれています。
ありがたいちゃ~

後ろ姿に男のロマン
87歳になっても頑張っています。

野菜のことはキヨノさんのお仕事、お任せです。
まだまだ二人とも現役バリバリです。
あちこち痛い痛いと言っても・・・

田んぼの草刈り~夏の終わり

田んぼのあぜや斜面の草がどんどん伸びてきました。
雨が多いとこんなに伸びるものなんですね。
写真手前の土手の草がモコモコになっています。
土手の床屋をしなくては・・・


農業は草との戦いですね。
共存していけばいいのですが
隣の田んぼや畑の迷惑になるので共存にも限度があります。
雑草に潜む害虫が悪さをすることもありますし
やはり定期的に草刈りする必要があります。

稲の穂も少し垂れ下がってきています。

写真の上の方が新庄方面です。
北にむかっている国道13号線です。

国道13号線
福島県福島市から秋田県秋田市にいたる一般国道
386km

サクランボ畑の夕暮れ

8月27日18時ちょっと前です。
すっかり日が短くなってきました。
まだ8月なのに夕暮れ時がすっかり秋めいてきました。
明日の草刈りのためにサクランボ畑の様子を見にきました。

どんどん日が沈んでいきます。
あと1か月あまりでお彼岸です。
稲刈りまであと1か月。
収穫の秋、食欲の秋。
台風が来ないでいい秋になりますように。

枝豆の花のあと


枝豆の秘伝の畑はすっかり草だらけになってしまいました。
雑草にもマケズ、秘伝豆は大きくなっています。

豆の花が終わり、枯れて茶色くなってきました。

まもなく豆のさやができます。
あと1か月くらいで収穫です。
甘く美味しい豆になってほしいです。
枝豆プロジェクト推進中です。

——————————–
再びお知らせです。
「枝豆とお米でまめまめしくがんばろう!」プロジェクト
今年は
サクランボハウスの倒壊
サクランボの収穫量の5割減
ラフランスの収穫量はほぼ見込めず
(霜害がサクランボ以上にひどくて
ほとんど実を付けていないのが現状です)

それでも人件費、農薬代、肥料代などなど
例年と同じようにかかってしまいます。

そこで糖質制限で今年はあまりお嫁にいけないお米(はえぬき)と
暑い夏にぴったりな枝豆(秘伝豆)を一緒にお送りして
果樹園うめつを応援して頂く
「枝豆とお米でまめまめしくがんばろう!」
プロジェクトを計画しました。

秘伝豆(ひでんまめ)
枝豆収穫の最後を飾る、枝豆の王様と言われている品種です。
9月中旬から下旬に収穫予定です。
大粒、香りよし、甘さ の三拍子そろった枝豆。
「ずんだ」を作る材料になります。
冷製スープや冷凍にしてもOK!

お米(はえぬき)と一緒に発送の場合
白米10kg3600円(3kg~15kgまで発送可能)
枝豆500g 400円(市場では1袋230gくらい398円です)
1kg 700円と送料。

枝豆だけでは発送の場合。
枝豆500g 500円
1kg 900円と送料

ご予約はメールかFAX,お電話でお願い致します。
皆さまのご協力と応援をどうぞよろしくお願い致します。

りんごの摘果の仕上げの仕上げ

7月18日にリンゴの摘果の仕上げをしてから約1か月。
本日もう一度リンゴ畑を見回りをして
仕上げの仕上げをすることにしました。
本日の最高気温は30。4℃
朝8時からお仕事開始です。
朝露があるので足元は長靴です。
8時はまだ気温は25℃くらい。

青いリンゴ♪
野口五郎の歌を思い出してしまいますが
私鉄沿線の方が好きです。ハイ


青いりんご=ふじです。

かなり大きくなりましたが
ピンポン玉の3周りくらいの大きさです。

お仕事は約2時間ほどで終了しました。
一つの枝に多くても2個の実を残します。
3個だと枝が折れそうになってしまいます。
たまに「みっけのこし」と言って
4個くらい固まっている所もあったりで
木の周りや中をくるくる見回りして見つけます。

枝豆(秘伝豆)の花

日本の各地で大雨の被害が出ていますが
皆さまのところではいかがでしょうか?
山形県東根市では雨は降っていますが
被害が出るほどの雨ではありません。

昨年の今頃の山形県の洪水を思い出して
テレビを見ていますが、体中がザワザワしてきます。
これ以上の被害が出ませんように・・・

8月13日の雨の合間に枝豆畑に行きました。
葉っぱの間をのぞいてみると
紫いろのかわいい枝豆の花が咲いていました。

昨年の大雨では枝豆畑も冠水してしまいましたが
枝豆はとても強くてしっかりと豆を付けてくれました。
マメ科の植物は肥料にもなるし
栄養も満点!
このまま元気に育ってほしいです。

枝豆畑 その後のその後

雑草にもマケズ、枝豆たちは順調に育っています。
畝の低い所には雑草がありますが
枝豆の背丈が高くなってきているので
このままでも大丈夫だと思われます。

向かって右奥の背丈の低い方が「雪音」ゆきねという品種です。
雪音は9月初旬の収穫予定ですが
左側の秘伝豆に比べて、背丈が低いので心配です。
種をまいた日は2週間も違うので
もっと大きくなってもいいのですが・・・

こちらはすくすくと成長している秘伝豆です。
こちらの収穫は9月中旬から下旬にかけてです。

——————————–
再びお知らせです。
「枝豆とお米でまめまめしくがんばろう!」プロジェクト
今年は
サクランボハウスの倒壊
サクランボの収穫量の5割減
ラフランスの収穫量はほぼ見込めず
(霜害がサクランボ以上にひどくて
ほとんど実を付けていないのが現状です)

それでも人件費、農薬代、肥料代などなど
例年と同じようにかかってしまいます。

そこで糖質制限で今年はあまりお嫁にいけないお米(はえぬき)と
暑い夏にぴったりな枝豆(秘伝豆)を一緒にお送りして
果樹園うめつを応援して頂く
「枝豆とお米でまめまめしくがんばろう!」
プロジェクトを計画しました。

秘伝豆(ひでんまめ)
枝豆収穫の最後を飾る、枝豆の王様と言われている品種です。
9月中旬から下旬に収穫予定です。
大粒、香りよし、甘さ の三拍子そろった枝豆。
「ずんだ」を作る材料になります。
冷製スープや冷凍にしてもOK!

お米(はえぬき)と一緒に発送の場合
白米10kg3600円(3kg~15kgまで発送可能)
枝豆500g 400円(市場では1袋230gくらい398円です)
1kg 700円と送料。

枝豆だけでは発送の場合。
枝豆500g 500円
1kg 900円と送料

ご予約はメールかFAX,お電話でお願い致します。
皆さまのご協力と応援をどうぞよろしくお願い致します。

草刈後のサクランボ畑

草刈の後のサクランボ畑です。

こんなにスッキリとしたのに
雨が続くとあっという間に草丈が伸びてしまいます。

この所の天候は雨が多くて
お盆休み期間も雨マークが続いています。
暑かったり寒かったりの変動の多い季節です。
どうぞ皆さまもお体に気を付けてお過ごし下さい。

お休みの日は草刈り

夏は草との闘いです。雨が降ると草が伸びる・・・
草を刈っても刈ってもまた伸びてきます。
3週間でひざくらいまで、伸びてしまいました。

草刈まさお君の登場です。
軽トラックに乗せて運びます。

草刈り後の畑
床屋に行ったようにきれいになりました。

草丈は少し長めに残します。
夏の暑い日差しと気温からサクランボの木たちを守るために
春や秋よりも刈高を長めにしています。
本当は夏の暑い間の草刈りはやりたくないのですが
周りの畑や田んぼに迷惑がかかる場合もありますので
田んぼならば⇒カメムシの発生が多くなる
果樹畑ならば⇒べごくさが隣の畑まで移ってしまう
やはり草刈りは大切なお仕事です。

枝豆畑~その後

秘伝豆(ひでんまめ)もこんなに大きくなりました。
収穫は9月中旬~下旬です。
草取りも少しずつがんばっているので
あまり大きな草は生えてきません。

再びお知らせです。
「枝豆とお米でまめまめしくがんばろう!」プロジェクト
今年は
サクランボハウスの倒壊
サクランボの収穫量の5割減
ラフランスの収穫量はほぼ見込めず
(霜害がサクランボ以上にひどくて
ほとんど実を付けていないのが現状です)

それでも人件費、農薬代、肥料代などなど
例年と同じようにかかってしまいます。

そこで糖質制限で今年はあまりお嫁にいけないお米(はえぬき)と
暑い夏にぴったりな枝豆(秘伝豆)を一緒にお送りして
果樹園うめつを応援して頂く
「枝豆とお米でまめまめしくがんばろう!」
プロジェクトを計画しました。

秘伝豆(ひでんまめ)
枝豆収穫の最後を飾る、枝豆の王様と言われている品種です。
9月中旬から下旬に収穫予定です。
大粒、香りよし、甘さ の三拍子そろった枝豆。
「ずんだ」を作る材料になります。
冷製スープや冷凍にしてもOK!

お米(はえぬき)と一緒に発送の場合
白米10kg3600円(3kg~15kgまで発送可能)
枝豆500g 400円(市場では1袋230gくらい398円です)
1kg 700円と送料。

枝豆だけでは発送の場合。
枝豆500g 500円
1kg 900円と送料

ご予約はメールかFAX,お電話でお願い致します。
皆さまのご協力と応援をどうぞよろしくお願い致します。